GZ_System_ST2_15M_EURUSD | 優秀なEAが無料で使える|TRADERS-pro【トレプロ】トレーダーズプロ

GZ_System_ST2_15M_EURUSD

プロフィットファクター 1.43 ※バックテスト参考値
純益

13,008

最大ドローダウン

1,114

通貨ペア

EURUSD (EURO VS US DOLLAR)

時間足

15分足

期間

2008.01.01 02:00 - 2019.09.27 23:45

初期証拠金

10,000

総利益

43,233

総損失

-30,225

GZ_System_ST2_15M_EURUSD

■GZ_System_ST2_15M_EURUSD
・対応通貨ペア:EURUSD
・時間足:15分足
・最大ポジション数:2
・両建て:有り
・ストップロス:あり(pips指定)
・エントリータイプ: トレンドフォロー型


■投資コンセプトおよび特徴
・EURUSDはメジャー通貨であり、流動性が高い上にスプレッドも低く、想定外の動きになりにくい再現性の高い通貨と考えます。

・移動平均線を利用したトレンドフォロー型システムであり、買われすぎ売られすぎを判定し、エントリーを行います。

・決済にはトレーリングストップを利用し、トレンドに乗っている場合は、利益を最大化できるような仕組みも組み込んでいます。

 なお、週またぎのリスクを回避するため、週末のポジションは決済します。
 
・最大ポジション数を2として、利益の最大化とリスク管理を目指しておりますが、よりリスクを減らしたい場合はポジション数を1としてください。 (ナンピン、マーチンゲールなどのリスクの高い手法は使っておりません。)

・エントリー時に許容するスプレッドの上限を設定可能です。
・短期で爆発的に利益を得るEAではなく、長期(1年単位など)での運用を目的としたシステムとなります。


■開発時のこだわり
・バックテストにTDS(Tick Data Suite)を使用しているため、通常のバックテスト(疑似ティックや固定スプレッド)に比べ、よりリアルの相場に近い環境でも優位性があることを確認しています。

・東日本大震災、ギリシャ危機、チャイナショックなどの大きなイベントも乗り越えられるよう、バックテストは2008年から10年以上のデータを元にしました。

・時間足に15分を利用したのは、このスイングトレードと相性が一番良いためです。15分単位で相場をチェックすることにより、短い時間足での細かい動きを拾わないようにしています。

・FXをギャンブルではなく、株などと同様に資産運用の一部としてご採用頂けるよう、長期で安定して利益を上げられるようなEA設計としています。


■パラメータの説明
 1.MAGIC 
  → MAGICナンバーです。
    他の当自動売買ソフトウェア(EA)と同時に使用する場合は、
    他のEAのMAGICと競合しないように設定を変更してください。     

2.Max_spread 
  → 最大スプレッドのピップス数です。(設定値を超えた場合は取引しません)
  (デフォルト:3.0pips)


4.ストップロス 
  → ストップ値のピップス数です。
    (デフォルト:100pips)

5.テイクプロフィット 
  → リミット値のピップス数です。
    (デフォルト:100pips)

 6.ロット数 
  → 固定のロット数です。
    (デフォルト:0.1lot)

 7.最大ポジション数
  → 保有する最大ポジション数です。(1もしくは2を指定してください)
    (デフォルト: 2)


■開発方針
1. エントリー、決済の判断はローソク確定後に行う
  ただし、当EAについては決済はトレーリングストップを採用しているため、ローソク確定後ではなく、ストップロスで決済されるケースもあり
2. バックテストに「TDS(Tick data suite)」を使用する
3. 取引数において年間で最低50~100回はあること
4. バックテストの期間は最低10年はあること
5. 過剰最適を避けること

詳細は以下リンクをご参照ください。
https://grayzone.hatenadiary.com/entry/2019/12/19/200914

■バックテスト結果

詳細は以下ご参照ください。
https://grayzone.hatenadiary.com/entry/2019/12/20/172614

■皆様の大切な資金を守るためのお願い
 ・必ず「ニューヨーク時間(冬時間GMT+2、夏時間GMT+3)」のブローカーでご使用ください。
   ・FXでは「ニューヨーク時間(冬時間GMT+2、夏時間GMT+3)が基準であり、
    多くのブローカーが採用していること
    そしてバックテストや今後のフォワードと同環境で稼働させることがEAの期待値を最大化します。

 ・長期運用(1年単位など)をお願い致します。
      ・相場は何が起こるかわかりません。短期的にみると勝つか負けるかは運次第となりますが、
    バックテスト結果の通り、長期で運用させると安定してプラスになるため、非常にエッジのあるシステムであると考えております。

  • 3664
  • Grayzone